スタッフブログ

大桃一浩 自己紹介へ

既存住宅状況調査

2020/10/21(水) 現場

今日は福島県郡山市内の木造住宅の調査です。既存住宅状況調査と呼ばれるこの調査は資格も必要です。建築士の方が講習を受け既存住宅状況調査資格者証というものを取得しないと出来ない業務です。

中古木造住宅の売買には売買の前にこの調査を行わなければいけません。(まだ義務ですが)

よって今後は不動産業者と連携しながらこういった仕事が増えていくと思います。

今日の木造住宅は坪数も大きく仲も素晴らしい造りです!格天井の部屋もあり和室は二重廻り縁、欄間も素晴らしくお金がかかっているなあ、と感じる住宅です。外装も大きな傷みや割れもなく見た目はきれいでした・・・。

内部に入りレベル測定を始めると、「ん?見間違い?」思わず発してしまいました。住宅の部屋の中で3cm~4cmも傾きがあるのです。柱は大きく傾いてはいませんでしたが、床が住むには支障が出る程度です。

一緒に行った社員もびっくりしていましたが、この物件はすでに売買されているようで今後問題が起きなきゃいいな、と。

みなさん、中古物件の売買やリフォーム前にはしっかりと調査を行ってください!

外に出るとカマキリが!

 

 

 

記事一覧

1ページ (全215ページ中)

ページトップへ