大桃一浩 自己紹介へ

木造住宅インスペクション(建物調査)

2016/10/04(火) 現場

最近は「インスペクション」という言葉が建築業界でよく聞きますが、皆さんは聞いたことがありますか?意味は分かりますか?インスペクション=調査・診断ということです。建物の調査・診断をするということです。私は一般社団法人住宅リフォーム推進協議会の専属講師ですが、これからのリフォームはインスペクションが義務化されてきます、と講義のたびに話しています。国交省でもインスペクションを重要視しリフォームのガイドラインにもきちんと位置付けされています。

今日は福島県郡山市内の木造住宅2階建ての建物インスペクションです。東日本大震災で大きく地盤沈下、建物の傾きが発生した物件で、その後傾きはある程度修正したようです。先だって伺ったときに目視で建物を見させていただきましたが、疑問な個所があり本日のインスペクションとなりました。

この写真は基礎が傾きその後土台を上げレベルを平らにした工事後の写真です。土台の下の灰色の部分はモルタルを詰めた後で、この分の高さが調整されたわけです。私はこの現状に疑問を持ちアンカーボルト付近のモルタルを撤去してみました。やっぱり!アンカーボルトは切断されお飾りのようについているだけです。ということはこの建物は基礎と緊結されてないのです。直下型の地震が来ると基礎の上はジャンプしてしまうのです。こういったとんでもない事を施工する知識のない業者は数多くいるようですね。

知識ある建築士の調査の元工事も行うようにしましょう。

1ページ (全264ページ中)