大桃一浩 自己紹介へ

大工さんの技術

2015/04/03(金) 現場

福島県平田村に新築する法傳寺本堂新築工事の刻みが工場で行われています。今日は湯田棟梁が土台のヒノキ材をカンナ掛けしています。最近では機械化が進み柱などの化粧材も機械で仕上げることが多いですが、今回は大工さんがカンナを掛け継手やほぞもノミで一本一本刻んでいきます。この土台はヒノキ材で福島市の市場から丸太を購入し、当社の製材工場で製材したものです。丸太購入⇒製材⇒製品完成⇒大工さんによる墨付け⇒大工さんによる刻み、と一連の流れが当社で行われておりコストダウンも図れますし、管理もきっちりと行き届きます。こういった一連の流れは木造住宅でも同じです。今後もプレカットには頼らず大工さんの家づくりを目指していきます!カンナ掛け仕口

1ページ (全261ページ中)