猪苗代町新築工事着工

2014/07/02(水) 日記
今日から猪苗代町の新築工事が始まりました。
早速朝一で向かうと床掘(とこぼり)をしていました。この物件は雪の影響を考えて急遽敷地境界線からの幅を大きくしたのでそれの説明と細かい部分の説明をしに行ってきました。この物件は我が社が誇る大工さん達の墨付け加工によるものなので、楽しみです。
猪苗代の現場を出て、会津若松市の現場に行き、状況を確認してきました。今日は内装で、主に天井の下地材である野縁(のぶち)の施工中でした。ここまで来ると中の高さが分かってくるので、現実味が増してきますね。毎日行っても良いくらい楽しいです。
来週の月曜日は猪苗代町の物件の基礎鉄筋検査があるので、また行ってきます。
以上設計部芳賀でした。
写真は床掘の様子と野縁です。

1ページ (全260ページ中)