床の間施工

2017/09/02(土) 現場

福島県下郷町の工事現場では、床の間の施工が行われています。

最近は床の間が無い住宅も多いです。そもそも和室が無い住宅が多いですので、仕方ないかも知れません。

そんな中で、しっかりとした床の間が欲しいとのご要望がありましたので、現在施工中です。

元々あった家を解体して建て直していますので、古い床框・床柱を再利用するように計画しておりました。

棟梁との相談の結果、床柱は劣化が激しく、以前の家にあったので、刻まれていたりと使えないようでしたので、こちらで準備致しました。

新しく入れたのは、槐(エンジュ)の木です。古くから床の間の材料として重宝されてきました。

床框は使えそうなので、表面を薄く削り、細かい傷や汚れを落として使います。

今はまだ施工途中ですので、完成したらアップしたいと思います。

1ページ (全262ページ中)