ラーメン店進捗(在来木造)

2019/04/05(金) 現場

ラーメン店の現場では着々と工事が進められています。

基本的に天井が無く吹抜けになっていますので、今回の断熱材は垂木(屋根の下地材)の間に入れるようにしました。ただそのままでは断熱材が見えてしまいますので、オーナーの要望もあり、構造用合板を張りました。

敢えてメーカー名等が記載してある面を見えるようにしましたが、味のある意匠になったと思います。

梁材も無垢材を使っていますので、似た意匠になっています。

小上がりの上がり框も非常に綺麗です。畳が敷かれ、掘りごたつ状になるので、居心地のいいスペースになるのではないでしょうか。

完成まで気を引き締めていきましょう。

1ページ (全263ページ中)