HD金物

2015/10/22(木) 現場

HD金物をご存知ですか?読み方は「ホールダウンかなもの」です。

このようなものです。住宅建築には欠かせないものです。基礎と柱を緊結し、横からの力(台風や地震等)に耐える働きがあります。設置の位置は建物毎に変化し、計算にて算定します。

今日はこのHD金物の設置をしに、福島県会津若松市の新築現場に向かいました。

先日基礎の底板を打設し、今日は立上り部分の型枠工事がありました。型枠の為の墨出しを行い、その後HD金物の設置をしました。この建物は土地の形状に合わせて、角が90度ではない箇所があるので墨出しにも余年がありません。尚更、玄関の箇所になるので、仕上がりに大きく影響をする部分になるので、より丁寧に行いました。

HD金物の設置はさほど難しいものではありませんが、離れや垂直性など注意点が多いので、慎重に作業をします。

基礎工事はやり直しのきかない部分になりますので気が抜けません。工事全てにおいて気は抜けませんが。より慎重さが求められるので、毎回緊張します。

来週の始めに立上り部分の打設が行われます。養生し、硬度が取れれば型枠を解体し、土を埋戻して…とまだまだ工事は続きます。

また変化がありましたらアップします。

1ページ (全259ページ中)