大桃一浩 自己紹介へ

既存住宅現況検査技術者講習

2015/10/21(水) 日記

国土交通省の既存住宅インスペクション・ガイドラインに準拠した既存住宅現況検査技術者講習が都内で行われ参加してきました。インスペクションとは「調査」という意味です。中古住宅を売買するとき、リフォームするときは必須の調査ですが、未だに調査が少ないのが現況です。

中古住宅の売買時に第三者によるインスペクションを求める傾向が高まりつつある中、国土交通省により既存住宅インスペクションガイドラインが平成25年6月に策定されました。よってスキルアップの為に受講しましたが、この講習を受け試験に合格すると検査の実施に不可欠な検査方法や、サービス提供時の留意事項、関係法令に対する知識等を幅広く身につける事が出来ます。

試験の結果は来ていませんが、恐らく大丈夫でしょう(笑)

今後は一般の木造住宅のリフォームでインスペクションを実施しより信頼していただく事を目指していきます。

1ページ (全260ページ中)