大桃一浩 自己紹介へ

急病人

2016/02/08(月) 日記

今日は次男の大学受験が最終日で都内に迎えに来ました。

時間が合ったので渋谷から代官山まで散策。店舗デザイン、街並み、インテリアなど参考になる街です。都内でも屈指の洗練されたショップが並びますが、比較的古い建物をうまくリフォームし利用しています。

こういったイメージを当社の地元福島県には必要なく、無理な話です。じゃあどういった事を福島に持ち帰れるかが大事で2時間ぐらいブラブラとしていました。

ランチを食べ新宿に行きエスカレーターで地上に出ていくと、一人の男性がうずくまっていました。私は何かふざけている?パフォーマンス?と一瞬思いましたがやはり何か違う!走っていくとビルの警備員、周辺の女性が駆け寄ってきました。男性は顔面が黒く心肺停止。警備員がAEDを持ってきて2度行いましたが心肺停止。私も補助をしましたが後は救急隊にお任せです。

しかし、倒れた時周辺には多数の人がいたのに騒がれていません。私は消防団でAED研修、救命研修を受けていたので何とか自分が出来る範囲は行動しましたが、都会の無関心さが切なく思えた時間でもありました。不謹慎とは思いますが、こういった現状、そしてAED研修をみなさん受けましょう!という意味でアップいたしました。

倒れた若い男性、助かってほしいものです。。

1ページ (全259ページ中)