スタッフブログ

大桃一浩 自己紹介へ

外部足場

2020/07/08(水) 現場

南会津町内に施工中の木造住宅平屋建ての現場では外部足場が設置されました。通常は足場を先に組み立ててから建て方を始めます。今回は、土間コンクリートを施工しなければいけないので建て方を先行しました。よって墜落などの事故のリスクが高くなりますので、安全帯の徹底など十分な安全管理のもと建て方は行われました。

 

そして内部を覗いてみると、外壁部分(建物の外側の壁)には一般的には構造用合板が設置されますが、今回はタイガーEXボード(耐力面材)を初めて使用しました。耐力壁となり構造用合板よりも優れています。今後はこういった製品を使うようになるでしょう。

また、最近の住宅では屋根下地、野地板と言いますがここにも構造用合板が施工されるのが一般的です。当社は製材工場もあるので無垢の杉板の野地板を施工しました。このままでも仕上げになるようなきれいな無垢材です。

当社でもなかなか無垢材の野地板を施工する事はありませんが、今後は無垢材を生かしながら造っていこうと思います!

 

記事一覧

1ページ (全211ページ中)

ページトップへ