大桃一浩 自己紹介へ

古民家改修工事 福島県いわき市

2023/04/05(水) 現場

今日の古民家改修工事の進捗状況です。

私が行けませんでしたので、工事部の渡部が現場で打ち合わせを行ってきました。メインの担当は渡部で初めての大規模リフォームですが、お客様と丁寧に打ち合わせを行っており工事も順調です。床の断熱材は根太の間にポリスチレンフォームという断熱材を敷き込んでいます。

床断熱材の施工が完了すると構造用合板を貼っていきます。下の写真は合板施工完了のものですが、電気配線が床下から出ています。こういった場合は気密テープ(黒いテープ)を貼り床下の空気が入り込まないようにしっかりと施工します。合板と合板の継ぎ目も同じように気密テープを貼っていきます。

内部側の壁には断熱材を施工後防湿シート(ビニルシート)を施工します。これも外の空気が内部に入り込まないよにするもので湿気も遮断します。コンセントなどが付く部分には気密テープを貼り付け隙間が無いようにします。

ロフト部分も同じように断熱材を敷き詰めていきます。

 

外部に貼ってある白いシートは防湿シートです。内部の湿気は外に出し、外部からの湿気、水の流入は防ぐというものです。縦に施工してある細い木材は、胴縁といって外壁材を施工する下地材です。この胴縁と胴縁の間が通気となります。

下の写真は金物です。古民家だったので必要な部分には土台を新設したりしています。そういった部分には金物補強も同時に施工し耐震力を高めていきます。少しずつ形になってきた古民家住宅の改修ですが、今後も進捗を楽しみにしてください。

1ページ (全262ページ中)