大桃一浩 自己紹介へ

社内検査 南会津町公共工事

2022/11/01(火) 現場

町内の公共工事現場は基礎工事が最終段階です。先だって基礎の型枠検査を行い、その後コンクリートを施工。

養生期間と言ってコンクリートの強度がある程度出るまで型枠は解体しません。強度が出たかどうか知る方法は、基礎のコンクリートを施工した時に供試体(テストピース)を採取しておき、それを破壊試験によって強度を調べます。

十分な強度が確認され昨日から型枠の解体が始まっています。今日は朝一に型枠を解体した場所で出来形検査です。設計通りの基礎の大きさか?コンクリートの表面はどうか?などの目視検査を行い合格!

今後は基礎の間に土砂を入れていく埋め戻し工事が始まります!

 

1ページ (全258ページ中)