スタッフブログ

大桃一浩 自己紹介へ

既存住宅状況調査

2021/06/17(木) 現場

今日はスタッフと郡山市に向かい、既存住宅状況調査を行ってきました。基本的に住宅を調査するものですが、今日の午前中は鉄骨造の事務所の調査を依頼され2時間弱で調査を完了してきました。

午後からは同じ郡山市内の平屋建ての住宅の調査です。木造と思いきや軽量鉄骨造でした!

見た目はとてもきれいで良い住宅!と感じましたが、色々と調査をしていくと「あれ?なんかおかしい・・・」床レベルを測定しながら今度は天井のレベルまで測定してみました。通常は床のレベルしか調査しません。

で、判明したのが大きく建物が沈下している!という事でした。内部の調査が終わり外部に出てみると、敷地内のコンクリートも結構割れています。

調査中に依頼された不動産業者の方から電話が入り「建物傾いてますね」と話すと「そうなんですよ!どの程度傾いているかを調べてほしかったんです」と言われ納得。東日本大震災で沈下し補修したようですが、今年の春先の地震でまた傾いてしまったようです。

この調査はこの部分が悪い、あの部分が悪い、などの判定ではなく建物の現況を調べ報告書を作成するものですので持ち帰りきちんと報告書を作成したいと思います!

  

記事一覧

1ページ (全224ページ中)

ページトップへ