ページトップへ

インスペクション(既存住宅建物診断・調査) | トピックス | 福島 注文住宅 工務店 大桃建設工業

建物診断・調査

インスペクション(既存住宅建物診断・調査)

インスペクション⇒既存建物の診断・調査ということですが、国交省では平成25年に既存住宅インスペクション・ガイドラインを作成しています。建物は新築時の性能、品質に加えて維持管理や経年劣化により物件ごとの差が生じています。消費者はその品質や性能に不安を感じています。このような中、中古物件の状態を正確に把握できるインスペクションサービスのニーズが高まっており、国でも消費者保護のためにガイドラインを作成しました。簡単に言いますと、既存住宅の売買、リフォームを行いたいときに実際の建物がどういった状態なのかを正確に把握できないと、買うことも売ることもできず、リフォームもできません。そこで建物診断・調査を行い消費者の方に安心していただくということです。この調査は建築士・大工さん誰でも出来るかもしれませんが、資格を持った方にお願いするのが間違いありません。当社では2名が既存住宅状況検査技術者として登録しています。安心してお任せください。

記事一覧|建物診断・調査

トピックス

お家を建てる前のまめ知識

省エネルギー住宅

リフォームするには